Dialogueは、お客様のウェブサイトがメッセージを正しく伝えることの重要姓を理解しています。グローバルな時代に生きていても、ある国で通用することが他の国では通用しないということがあることを考慮に入れることが大切です。単純な単語から単語への翻訳では、十分ではないのです。文体や口調がその国の市場に合わなければ、ビジネスを失いかねません。イギリス市場向けの風変わりでくだけた口調は、例えば、中国の市場では悪い印象を与えることもあるのです。

PETER、PIERRE、それともPIOTR?

文体だけではなく、対象とする国の市場に合わせて内容の変更も検討する必要があります。読み手がその内容にぴんと来なければ、お客様は他の取引先を探すでしょう。見慣れない名前なども、お客様を遠ざけてしまうかもしれません。そのため、シンプルに名前やブランド名、またはイディオムをその国で馴染みのあるものに変更したり、地元の風習に合うようシナリオを変えることもあります。

クリエイティブ翻訳を専門とするチームとともに、Dialogueはお客様の市場対象に合わせた翻訳、適切な口調/文体、対象とする年齢グループ、ブランディングなどを把握しなければなりません。その後、これを使用して、お客様のニーズに合わせた提案書を作成します。難しいと感じる必要などありません。Dialogueのエキスパートにお任せください。お客様のCMSに直接翻訳をして、お客様の方での作業を最小限に抑えることもできます。

アドバイスをひとつ。翻訳戦略を、初めから多言語SEO として検討することをお勧めします。検索エンジンがお客様のウェブページをランク付けする際、翻訳に要した労力を無駄にしないためです。

ウェブサイト翻訳3つの理由

ウェブユーザーは、そのページが自国語であればそのページで費やす時間は、2倍以上にもなります

ウェブユーザーが自国語に翻訳されたサイトから製品購入をする傾向は、4倍も高くなります。

世界の70%以上の国では、英語以外の言語が母国語として使用されています


もちろん、検討が必要なのはウェブサイトだけではありません。新規市場への進出を考えているのなら、ブランディングおよびマーケティング用資料が、オリジナルと同じ位に魅力的でなければなりません。ここでクリエイティブな トランスクリエイション – の出番となります。マーケティング用メッセージを、対象国の市場に合わせて最適なメッセージとするのです。資格を有するDialogueの翻訳者とコピーライターは、広告コピーのクリエイティブな翻訳の経験が豊富です。また、ニュースレター、ブログ、小冊子、パンフレット、そしてウェブサイトを翻訳・ トランスクリエイト します。

「Dialogueの仕事は、常に正確で迅速です。本社のヨーロッパ向けウェブサイトの翻訳には、本当に満足しています!」エナジャイザー

Dialogueをご信頼いただける理由

  • お客様との密接な話し合いとフィードバック-ご要望に常に応じます
  • 厳しい品質管理、ISO 9001:2008およびISO 17100:2015基準に準拠
  • ITIコーポレートメンバーシップにより、納品される翻訳は高い業界基準を満たしていることを保証
  • 試験、紹介状、そして監視/フィードバックを含む厳しい翻訳者採用プロセス
  • 広範囲の専門経験を持つプロの翻訳者のみを使用
  • 翻訳メモリツールを使用し、翻訳の一貫性とコスト効果を確実にお届けします