外部機関の試験は、集中して学習する励みになると同時に、一定期間実施されるコースでの刺激にもなります。これらの試験はCEFRと提携している場合が多いため、受講者の業務に関連した内容をテストすることが可能です。また、6歳児でも55歳の国際的企業経営者でも、誰でも、努力をした証を公式に手にしたいものです。

Dialogueでは、次の試験の準備をすると同時に受験の手配もいたします。

ドイツ語

Goethe Institute Zertifikat Deutsch(ゲーテドイツ語検定試験)など、BULATS(ビジネス英語能力測定テスト)

フランス語

Centre international d’études pédagogiques(国際教育研究センター)、DELF/DALF BULATS ETS TFI

スペイン語

Instituto Cervantes(セルバンテス文化センター)DELE(外国語としてのスペイン語検定試験)など、BULATS

日本語

Japan Foundation(日本語能力試験)JLPT

上記試験はご要望が最も多い試験の一例ですが、Dialogueは世界的に認識されている外国語能力検定試験の準備のお手伝いをいたします。

Dialogueがお取扱いする英語検定試験は、こちらをクリックしてください

「試験が勉強のいい動機となりましたし、自分の能力を見極めることもできました。スキルを磨くだけでなく、試験によって私の英語力が正式に認められました。」やる気が生まれた学生

試験では通常、話す、聞く、読む、書くの4つのスキルの能力をテストされます。特定のスキルのみのテストが必要な場合は、Dialogueがそのニーズと社内での役割に合わせ、独自の試験を用意いたします。

Dialogueは、現在、CIOL(Chartered institute of Linguists)と提携し、話すと聞く、読むと書くの2つのモジュールで受験可能なCLB(Certificate in Languages for Business)を開発中です。