戦略と同様に、規模もそれぞれ異なります。

Dialogueは、最も効果のある戦略計画は、企業の方向性、顧客の期待、そして競合他社のサービス提供方法を考慮に入れたものであることを理解しています。

国際的な場において、変化は常に生じます。

外国企業との合併や、外国市場への拡大が差し迫っていたり、継続中な場合、Dialogueがお役に立ちます。Dialogueは、専門知識、経験そしてスキルを駆使し、お客様の国際的な言語ニーズを明確にし、簡略化します。そして、その見識を、お客様の長期的計画において意義ある行動計画に発展させます。

言語と文化。どちらも重要です。どちらも対話を超えたことなのです。国際的なコミュニケーションを正しく行うことは、文化と言語の融合を意味します。Dialogueは、言語戦略が国際的な場で成功するための正しい文化的感性と知識を提供します。

単言語か、多言語か? 最初に下すべき決定は、単一の言語を採用するのか、または複数の「承認された」言語で同意するのかです。この決定が下されたら、経営チームは戦略的な言語プランに精通し、そのプランの実行の能力を持たなければなりません。Dialogueは、ニーズ分析の段階、および実行の段階の両方においてお手伝いいたします。

採用と保持:言語戦略を実行するうえで2番目に重要な決定事項は、この戦略が個人レベルでどのように作用するかということです。例えば、企業の採用方針は、ビジネススキル、または言語能力に基づいて、最高の候補者を選定しているでしょうか? その答えは、適切に優先順位を付ける必要のある要因によっても異なります。しかし、そのようなメッセージをどのように発したらいいのでしょうか?


Dialogueは、社員の取り組みを可能とする最良の方法についてアドバイスをいたします。

それは規則ではなく、考慮すべき指摘点です。Dialogueは、関係する全ての人が進歩状況を把握する時にのみ、社員の言語スキルが向上することを示します。さらに、経営チームには高めの標準を設定し、希望する言語能力や文化的知識に到達していない方には設定された目標に達するよう、お手伝いいたします。

Dialogueは、言語戦略を企業の優先事項として組み込み、その実現のためにサポートを提供いたします。